野球が上手になるためには、野球の上達本を読むことも非常に大切です。

 

野球89のセンス上達法は、そのなかでも高い人気を誇る野球上達本です。

 

野球89のセンス上達法の著者は、スポーツトレーナーとして活躍している高畑好秀氏。

 

高 畑好秀氏は、早稲田大学でスポーツ心理学を学んだあと、日本心理学会認定心理士資格を取得しており、273人のプロ野球選手をはじめ、164人のJリー ガー、37人のVリーガー、14人のプロボクサー、17人のプロゴルファーなど数多くのプロスポーツ選手のメンタルトレーニングを手がけており、なかには オリンピック代表に選出された選手もいます。

 

野球89のセンス上達法では、その豊富な経験と知識を生かして、野球が上手くなる方法について紹介されています。

 

野球が上手くなるためのポイントは、いかにして骨盤と肩甲骨を使い良いフォームを身につけるか、ということです。

 

野球89のセンス上達法では、ピッチングやバッティングだけでなく守備やランニングまで、どうやったら野球が上手になるかを分かりやすくアドバイスしていますので、これから野球をはじめる方だけでなく、ライバルに差をつけたい方にもおすすめの一冊といえるでしょう。