野球が上手くなるためにトレーニングはもちろん大切ですが、野球上達本を見てイメージを高めることも非常に重要です。

 

毎日の練習をただ黙々とこなしているだけでは、なかなか野球の上達につながりません。

 

頭の中で繰り返しイメージしながら練習することが上手くなるためのポイントといえるでしょう。

 

野球上達BOOKという野球上達本をご存知でしょうか。

 

バッティングを中心に解説しており、バッティングの極意ともいうべき秘密がたっぷり詰まっています。

 

野球上達BOOKの著書は、東北工業大学高等学校の野球部監督をつとめる角晃司氏。

 

角晃司氏は、現役時代は三菱ふそう野球部で活躍し、読売ジャイアンツの原辰徳監督の後輩としても知られています。

 

野球上達BOOKには、より早くより遠くまで打球を飛ばすバッティング方法や、高い打率をキープするためのポイントなどが詳しく紹介されています。

 

他の野球上達本と比べて写真つきの解説が多いため、文字が苦手な方でも読みやすく、バッティングをイメージしやすい内容となっております。

 

野球上達BOOKは、これから野球をはじようと考えている方はもちろん、バッティングでチームの勝利に貢献したいと考えているかたにぴったりの一冊となっております。