立ったままのストレッチには、道具を使ったものもあります。椅子は座るためのものですが、背もたれは立った状態で掴まる時にちょうどいい高さになります。支えにするにはちょうど良いものです。まずは、椅子を使った方法をご紹介します。

 

・まっすぐ立ち、椅子の背もたれを掴みます。
背筋を伸ばしてください。

 

・片足を引きます。
ゆっくり腰を下ろし、右足を後ろに引きます。左足は軽く曲げます。この時意識するのは、右ひざの裏が伸びているかです。反動は付けずに行ってください。

 

・入れ替えます。
充分に伸ばして数秒経ったら、ゆっくり元の直立状態に戻り、足を替えます。膝裏が伸びていることを意識して、また数秒置いてください。伸びたままにして、反動はつけません。
また、膝の屈伸運動も有効になります。
まっすぐに両足を揃えて立ったあと、背もたれに手をつきます。膝を軽く曲げます。背中が曲がらないようにしましょう。ゆっくりまげていき、痛くなってきたところで止めます。数秒そのままにして、ゆっくり伸ばします。伸ばしきったら、最初の状態のようにまっすぐ立ってください。これを何度か繰り返します。意識するのは、筋肉に力が入っているかです。関節が痛くなるほどする必要はありません。