野球が上手くなるために、正しいフォームを身につけることが大切です。

 

バッティングやピッチングだけでなく、ランニングや守備においても正しいフォームを身につけることで、野球の上達につながるのです。

 

フォームが崩れている場合、その分体に余計な負荷がかかってしまうため、怪我につながってしまうケースが多々あります。
それだけ正しいフォームを身につけることが大切なのです。

 

初動負荷理論による野球トレーニング革命という野球上達本をご存知でしょうか。

 

初動負荷理論による野球トレーニング革命は、スポーツトレーナーとして活動する小山裕史氏著書の野球上達本です。

 

初動負荷とは、運動の一番最初に体にかかる負荷のことです。

 

初動に負荷のピークがあると考え、初動負荷をトレーニングに取り入れることでより自然に近いきれいなフォームへと導きます。

 

小山裕史氏は、これまでに日本人メジャーリーガーとして絶大な人気を誇るイチロー選手をはじめ、山本昌選手、岩瀬仁紀選手、中嶋聡選手などの指導実績があります。

 

特にイチロー選手は、初動負荷のためのトレーニング機械をアメリカでも取り入れており、大きな注目を集めています。

 

初動負荷理論による野球トレーニング革命では、イチロー選手も取り入れているトレーニングの秘密が明かされている、大注目の一冊です。