a0008_001850
 

デスクワークを長時間続けると、座ったままの姿勢でいることでどこよりも腰にその負担が掛かってきます。科学的にも証明されていますし、何よりも実体験でおわかりの方も少なくないと思います。しかし、お仕事である以上は避けて通れないことです。だからといって甘んじたままでいれば、いつか重大な問題になって自身の体に降りかかってくることはさけられません。予防の意味でも、ストレッチを行うのは重要です。

 
まず、椅子に座ったまま行うストレッチです。

・浅く腰掛けます。
ふだんお仕事をされている時には深く腰掛けて背筋を伸ばすか前傾姿勢になりながらパソコン画面や書類と向き直っていらっしゃるかと思います。しかし、体を動かすのであれば、猶予を持たせるために深くではなく浅く腰掛けるようにしてください。

・上半身をゆっくり倒します。
そして、広げた膝に体を割り込ませるように深く腰を曲げます。この時、勢いや反動をつけてはいけません。腰に急激に負荷が掛かります。あくまでもゆっくりと、腰や背中の筋肉がのびていることを意識しながら曲げてください。息を吐きながらゆっくり倒していくとより効果があがります。充分に息を吐いて、筋が気持ちよく伸びている状態になったら、またゆっくりと上半身をあげていきます。上げていくときに同時に息を吸い込むようにしてください。体に空気が入って行き、伸びた筋肉も柔らかくなります。